ホーム > センター事業  > [関東ESDニュース] Vol.66(令和4年7月号)

ホーム > センター事業  > [関東ESDニュース] Vol.66(令和4年7月号)

2022.07.07 センター事業 

[関東ESDニュース] Vol.66(令和4年7月号)

―――――――――――――――――――――――――――
[関東ESDニュース] Vol.66(令和4年7月号)
発行元:関東地方ESD活動支援センター
発行日:令和4年7月7日(木)/発行数:1,994部
URL:http://kanto.esdcenter.jp/
facebook:https://www.facebook.com/kanto.esdcenter.jp/
―――――――――――――――――――――――――――
 
今日は七夕ですね。近所のお花屋さんは店頭に笹を飾り、道行
く人が短冊に願いを書いていました。コロナ、戦争、インフレ、、、
世の中、何とかしたいお願いが多いですが、まずは皆さん個人
やご家族が健康で幸せでありますように。(スタッフ:伊藤)
 
 
―目 次―――――――――――――――――――――――
【1】 関東地方ESD活動支援センターからのお知らせ
 
1) 活動情報
・ESD for 2030学び合いプロジェクト(関東)
 ~「気候変動による影響と対策に関する、学びと実践」
 プロジェクト・メンバー募集
・令和4年度 高校の探究の時間でSDGsに取り組むには
 どうすれば良いかを考える勉強会(8/8)
・活動レポート2021-22
 
2)地域ESD活動推進拠点のお知らせ
〇イベントのご案内
・キープ協会:・森deリトリート 夏の回 森を元気に!森で元気に♪(7/10)
       ・レンジャー入門 昆虫標本作り(8/20)
・成蹊学園サステナビリティ教育研究センター
 Web「ESD成蹊フォーラム2022」(4/1~3/31)
・☆(一社)きりゅう市民活動推進ネットワーク
 学校や家庭でチャレンジしてみよう!(3/10~10/31)
・(公財)ふじのくに未来財団
 SDGsでつながる企業とNPO~事例から学ぶ協働のこれから~(7/27)
・NPO法人渋谷川ルネッサンス
 渋谷川ナイトウオーキング(渋谷川コース)(7/30)
・(一社)里山こらぼ
 はじめてのプチサバイバル in 名栗・湯ノ沢ラボ(8月に複数)
 シカづくしの一日 ~知り、食し、作る、そして環境問題を考える~(8/3、8/22)
・(一社)新宿ユネスコ協会
 SDGs スクール 2022(8/6,8/20,8/27,9/3、9/10)
 世界の未来を変えよう!プロジェクト(7/16、9/17)
 
 
【2】GEOC・EPOからのお知らせ
【キックオフ!】神奈川県西部におけるローカルSDGs・地域
 ESGステークホルダーズミーティングを開催しました
 
【3】ESD関連ニュース
 ・セミナー・イベント:43件
 ・募集等:47件
 ・ニュース:19件
 
 
―――――――――――――――――――――――――――
【1】関東地方ESD活動支援センターからのお知らせ
―――――――――――――――――――――――――――
1) 活動情報
・ESD for 2030学び合いプロジェクト(関東)
 ~「気候変動による影響と対策に関する、学びと実践」
 プロジェクト・メンバー募集
〇参加対象:気候変動リスクの影響を受けやすい地域の中高生
 ・教員、気候変動(特に適応策)教育に関心のある方、防災
 教育に関心のある方
〇参加方法:実際に学校で開催されたプログラムの動画
 (メンバー限定公開)をご覧いただき、内容についてのご感
 想・ご意見・改善点などのコメントをお寄せください。
〇参加費:無料(オンラインに関わる通信費等は、各自でご負担ください)
本プログラムは、ハザードマップや縄文時代の海進の様子などを、
実施地のものに変更すれば、各地で展開が可能な内容です。気候
変動(適応策)・防災教育にご関心のある方は、是非メンバー登録
をしていただき、学びのプロセスを共有して頂ければ幸いです。

ESD for 2030学び合いプロジェクト(関東)~「気候変動による影響と対策に関する、学びと実践」


 
・<教員対象>令和4年度 高校の探究の時間でSDGsに
 取り組むにはどうすれば良いかを考える勉強会
〇日時:令和4年8月8日(月)14:00~16:30
〇場所:東京ウィメンズプラザ・ 視聴覚室(東京都渋谷区)
   (感染症対策で、オンラインに変更する場合があります)
〇対象:教員、教育委員会の方(主に、中高)、
    中高生の指導に関わる方、定員30名(先着順)
学校等でSDGsを題材に授業を展開する先生方から、カリキュ
ラム・マネジメントを見据えた上での導入経緯、取り組みの目
指すゴールなどについてお話いただき、参加者の皆さんとディ
スカッションをします。ぜひご参加ください。

<教員対象>令和4年度 高校の探究の時間でSDGsに取り組むには、どうすれば良いかを考える勉強会


 
 
2)地域ESD活動推進拠点からのお知らせ
〇イベントのご案内
☆(公財)キープ協会
・森deリトリート 夏の回 森を元気に!森で元気に♪
 日時:令和4年7月10日(日)9:30~16:00(お昼休憩1時間)
 場所:清泉寮(山梨県北杜市)
 対象:16歳以上一般
 定員:15名(先着順)※最少催行人員5名
 参加費:5,000円(税込/材料費込)
 https://seisenryo.jp/experience_foresters-school_shinryo.html#yasumitime_natsu22
 
・レンジャー入門 昆虫標本作り
 日時:令和4年8月20日(土)10:00~15:00(お昼休憩1時間)
 場所:清泉寮自然学校(山梨県北杜市)
 対象:小学校3年生以上(※中学生以下は保護者同伴)
 参加費:中学生以上4,000円、小学生3,000円(税込)
 https://www.facebook.com/events/446393330824228/
 
☆(一社)きりゅう市民活動推進ネットワーク
 学校や家庭でチャレンジしてみよう!
 ミッション:100の行動で地球を救え
 チャレンジ期間 : 令和4年3月10日(木)~10月31日(月)
 https://kanto.esdcenter.jp/challenge-sdgs2022_kiryu-yui/
 
☆成蹊学園サステナビリティ教育研究センター
・Web「ESD成蹊フォーラム2022」
 日時:令和4年4月1日~令和5年3月31日
 成蹊学園におけるESD活動のオンデマンド配信です。
 https://www.seikei.ac.jp/gakuen/esd/webforum/
 
☆(公財)ふじのくに未来財団
・SDGsでつながる企業とNPO
 ~事例から学ぶ協働のこれから~
 日時:令和4年7月27日(水)13:00~16:00
 会場:静岡県男女共同参画センターあざれあ(静岡市駿河区)
 https://www.npo-fujinokuni.jp/info_training-event/20220727/
 
☆NPO法人渋谷川ルネッサンス
・渋谷川ナイトウオーキング(渋谷川コース)
 日時:令和4年7月30日(土)18:00~
 集合場所:恵比寿東公園(タコ公園)
 https://www.facebook.com/events/374164124806678
 
☆(一社)里山こらぼ
・はじめてのプチサバイバル in 名栗・湯ノ沢ラボ
 日時:令和4年8月7日(日)~8日(月)
    令和4年8月16日(火)~17日(水)
    令和4年8月20日(土)~21日(日)
    令和4年8月23日(火)~24日(水)
    各10:00ごろ~翌日 16:00ごろ
 開催地:湯ノ沢ラボ(埼玉県飯能市上名栗)
 対象:小学3~6年生
 参加費:15,000円/1名(食事4回、保険料を含む)
 https://www.satoyama-co-lab.com/blank-4
 
・シカづくしの一日 ~知り、食し、作る、
 そして環境問題を考える~
 日時:A.令和4年8月3日(水)、B.8月22日(月)*Bは学校の先生限定
 集合場所:「名郷」バス停(飯能駅または東飯能駅よりバス約50分)
 参加費:大人・子どもとも:2,000円/名(材料費・昼食・保険料含)
 https://www.satoyama-co-lab.com/blank-5
 
☆(一社)新宿ユネスコ協会
・SDGs スクール 2022
 日時:令和4年8/6,8/20,8/27,9/3、9/10(全て土)13:30~
 会場:新宿区立新宿消費生活センター分館(東京・高田馬場)+オンライン
 https://kanto.esdcenter.jp/wp-content/uploads/sites/4/2022/07/Shinjyuku-UNESCO_SDGs-school-2022.pdf
 
・世界の未来を変えよう!プロジェクト
 日時:令和4年7月16日(土)、9月17日(土)各回とも14:00~15:30
 会場:新宿区立新宿消費生活センター分館(東京・高田馬場)
 https://kanto.esdcenter.jp/wp-content/uploads/sites/4/2022/07/Tokyo-UNESCO_220716.pdf
 
 
―――――――――――――――――――――――――――
【2】GEOC・関東EPOからのお知らせ
―――――――――――――――――――――――――――
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)と関東地方環境
パートナーシップオフィス(関東EPO)からの情報をお伝え
します。
 
・関東EPOより
【キックオフ!】神奈川県西部におけるローカルSDGs・地域
 ESGステークホルダーズミーティングを開催しました
 https://platform-clover.net/activities/detail/130
 
・GEOCのご利用に関して
 GEOCは2020年3月より臨時閉館をしておりましたが、
 「環境らしんばん」にご登録頂いている団体様につきま
 しては、GEOCセミナースペースのご利用が可能になりま
 した。1日1団体まで、火曜日~金曜日、10:00~16:30は
 ご利用可能です。2週間後から翌月末までの予約をお申
 込みいただけます。
 http://www.geoc.jp/activity/other/2664925.html
 
 
―――――――――――――――――――――――――――
【3】ESD関連ニュース
関東(一都九県)のESDに関した行事等のお知らせです。
http://kanto.esdcenter.jp/category/esdnews/event/
―――――――――――――――――――――――――――
 
■セミナー・イベント(開催日順)□□□□□□□□□□□
※関東エリアを中心とした、ESDやSDGsに関連したセミナー
 等の情報を掲載しています。主催団体のホームページ等で、
 参加可能か必ずご確認の上、お申込などを行ってください。
 
・[オンデマンド配信] 令和4年4月1日~令和5年3月31日
 Web「ESD成蹊フォーラム2022」
 〇主催:成蹊学園サステナビリティ教育研究センター
 https://www.seikei.ac.jp/gakuen/esd/webforum/
 
・[WEB]令和4年6月1日(水)~8月31日(水)
知って、学んで。はじめてみようゼロエミな暮らし
〇主催:東京都地球温暖化防止活動推進センター

知って、学んで。はじめてみようゼロエミな暮らし


 
・[埼玉]令和4年7月1日(金)~8月28日(日)(自由参加形式)
 30周年記念 スペシャルクイズラリー
 〇会場:埼玉県自然学習センター(埼玉県北本市)
 〇対象:どなたでも(小学生以下は保護者同伴)、無料、
     荒天中止
 〇主催:埼玉県自然学習センター
 https://www.saitama-shizen.info/event/event.html#c
 
・[オンライン]令和4年7月8日(金)10:30~12:00
 G7市民社会コアリション2023設立記念イベント
 〇主催:G7市民社会コアリション2023
 https://g7-cso-coalition-japan-2023.mystrikingly.com/blog/220708-launching-event
 
・[オンライン]令和4年7月9日(土)13:30~15:30
 地域で広げ・つなげる開発教育 実践者に聞くリレートーク[第2回]
 〇定員:20名程度(定員に達し次第締め切ります)
 〇主催:認定NPO法人 開発教育協会(DEAR)
 http://www.dear.or.jp/event/9637/
 
・[山梨]令和4年7月10日(日)9:30~16:00(お昼休憩1時間)
 森deリトリート 夏の回 森を元気に!森で元気に♪
 〇会場:清泉寮(山梨県北杜市)
 〇対象:16歳以上一般
 〇定員:15名(先着順)※最少催行人員5名
 〇参加費:5,000円(税込/材料費込)
 〇主催:(公財)キープ協会
 https://seisenryo.jp/experience_foresters-school_shinryo.html#yasumitime_natsu22
 
・[東京]令和4年7月10日(日)10:00~11:30
 ~石油にかわる新素材★食品用ラップ「ミツロウ」とは~
 〇日時:令和4年7月10日(日)10:00~11:30
 〇会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
     (東京都渋谷区)
 〇対象:小学生~一般 ※応募多数の場合は抽選
 〇参加費:3,000円(税込)/人(組) ※お土産あり※
 〇主催:(一社)日本サステナブル化粧品振興機構
 https://sustainable-cosme.org/2022/06/04/020/
 
・[東京]令和4年7月13日(水)18:30~
 サステナブルな社会への変革をうながす世代を超えた取り組み
 〇会場:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区)
 〇定員:120名
 〇主催:(公財)日本環境教育機構
 https://www.jp-eco.org/activity/seminar/seminar_info
 
・[オンライン]令和4年7月16日(土)9:30~16:00
 夏の大公開-ようこそ未来の環境博士!-
 〇主催:国立研究開発法人国立環境研究所
 https://www.nies.go.jp/whatsnew/20220610/20220610.html
 
・[東京]令和4年7月16日(土)、9月17日(土)
 世界の未来を変えよう!プロジェクト
 〇会場:新宿区立新宿消費生活センター分館(東京・高田馬場)
 〇共催:東京都ユネスコ連絡協議会2000人プロジェクト実行
     委員会 ESD/SDGs研究会、(一社)新宿ユネスコ協会
 https://kanto.esdcenter.jp/wp-content/uploads/sites/4/2022/07/Tokyo-UNESCO_220716.pdf
 
・[オンライン]令和4年7月19日(火)18:00~19:00
 「世界を変革するコミュニケーション」根本かおる
 国連広報センター所長との対話
 〇主催:国連大学
 https://jp.unu.edu/events/upcoming/big-ideas-unic-director-nemoto.html
 
・[オンライン]令和4年7月20日(水)19:00~21:00
 【SDGs×探究×グローバル】世界をアクティブに学ぶ教育
 の新潮流 武蔵大学国際教養学部&東海大学国際学部
 〇主催:JICA地球ひろば
 https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/220720_01.html
 
・[東京+オンライン]令和4年7月20日(水)、21日(木)
 第3回パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議
 〇会場:国連大学(東京都渋谷区)+オンライン(Zoom)
 〇申込締切:対面 締切済、オンライン 令和4年7月18日(月)
 〇共催:国連経済社会局(UNDESA)、国連気候変動枠組条約
     (UNFCCC)事務局
 
https://ias.unu.edu/jp/events/upcoming/third-global-conference-on-strengthening-synergies-between-the-paris-agreement-on-climate-cha
nge-and-the-2030-agenda-for-sustainable-development.html
 
・[オンライン]令和4年7月20日、27日、8月3日、10日
 ワイルドライフ カレッジ 前期ウェビナー(全4回)
 〇参加費:学生 無料、一般 1講座1,000円
 〇応募期間:令和4年6月30日(木)~7月19日(火)23:00
 〇主催:認定NPO法人野生生物保全論研究会(JWCS)
 https://readyfor.jp/projects/wildlifecollege
 
・[オンライン]令和4年7/20(水)、8/3(水)、9/7(水)、
 9/21(水)、10/5(水)、10/19(水)、11/2(水)、11/16(水)
 市民のための環境公開講座 2022
 〇主催: (公社)日本環境教育フォーラム、(公財)SOMPO
     環境財団、損害保険ジャパン(株)
 https://www.sompo-ef.org/kouza/kouza2022/
 
・[オンライン]令和4年7月21日(木)18:30~20:00
 ESDカフェ×SDGs「ユースが動く!SDGs ユース活動支援
 助成金 活動報告会」
 〇主催:岡山ESD推進協議会
 http://www.okayama-tbox.jp/esd/pages/15729
 
・[東京]令和4年7月21日(木)~8月31日(水)
 夏休み特別企画!環境を考えてうちわを作ろう!
 〇会場:JICA市ヶ谷ビル(東京都新宿区)
 〇対象:ご興味ある方ならどなたでも
 〇参加費:無料
 〇主催:JICA地球ひろば
 https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/220721_01.html
 
・[オンライン]令和4年7月22日(金)15:00~16:15
 エコマーク・オンラインセミナー「欧州サーキュラー
 エコノミー政策とその最新動向」
 〇定員:500名(事前申込制・先着順)
 〇主催:(公財)日本環境協会 エコマーク事務局
 https://www.ecomark.jp/info/event/20220722seminar.html
 
・[オンライン]令和4年7月22日(金)15:30~17:00
 こどもエコクラブコーディネーター説明会
 〇対象:都道府県・市区町村の環境教育ご担当者
 〇主催:こどもエコクラブ全国事務局
 http://www.j-ecoclub.jp/topics/info/202204200934.html
 
・[オンライン]令和4年7月22日(金)19:00~20:10
 連続ウェビナー(2022)第2回 国内外のプラスチック政策の
 動向を踏まえ、私たちにできることを考える
 〇定員:300名(先着順)
 〇主催:(公財)日本野鳥の会
 https://www.wbsj.org/activity/conservation/law/plastic-pollution/seminar/plastic-event20220722/
 
・[広島+オンライン]令和4年7月23日(土)13:00~16:00
 第1回国際教育研修会-JICA開発教育支援事業20年をふり
 かえり、これからを考える-
 〇会場:JICA中国(広島県東広島市)+オンライン(Zoom)
 〇定員:会場参加30名/オンライン参加300名(先着順)
 〇主催:JICA中国
 https://www.jica.go.jp/chugoku/event/2022/nq211500000028tk.html
 
・[静岡]令和4年7月27日(水)13:00~16:00
 SDGsでつながる企業とNPO~事例から学ぶ協働のこれから~
 〇会場:静岡県男女共同参画センターあざれあ(静岡市駿河区)
 〇定員:60名(先着順)
 〇主催:ふじのくにNPO 活動支援センター
 https://www.npo-fujinokuni.jp/info_training-event/20220727/
 
・[オンライン]令和4年7月28日(木)14:00~15:40
 エコマーク・オンラインセミナー「SDGs/プラスチック
 資源循環セミナー」
 〇定員:500名(事前申込制・先着順)
 〇主催:(公財)日本環境協会 エコマーク事務局
 https://www.ecomark.jp/info/event/20220728seminar.html
 
・[オンライン]令和4年7月28日(木)14:00~16:00
 気候変動オンライン研修会「最新の気候変動を学ぶ」
 〇主催:東京都小中学校環境教育研究会
 http://kankyokyoiku.jp/tokyo/activity/858/
 
・[オンライン]令和4年7月28日(木)14:00~16:30
 温室効果ガス“ネットゼロ”セミナー
 〇定員:500名(先着順)
 〇主催:特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター
     (JACSES)
 http://jacses.org/1810/
 
・[東京]令和4年7月30日(土)18:00~
 渋谷川ナイトウオーキング(渋谷川コース)
 〇集合場所:恵比寿東公園(タコ公園)
 〇主催:NPO法人渋谷川ルネッサンス
 https://www.facebook.com/events/374164124806678
 
・[東京]令和4年7月31日(日)11:00~12:15
 【高校・大学生対象/対面イベント】 あなたならどうする?
 JICA海外協力隊版SDGsアクションカードゲーム
 〇会場:JICA市ヶ谷ビル(東京都新宿区)
 〇定員:40名
 〇主催:JICA地球ひろば
 https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/220731_01.html
 
・[オンライン]令和4年8月1日(月)~8月7日(日) ※7日間
 未来の先生フォーラム2022
 〇対象:教員・教育関係者、教育に関心のある一般 参加費:無料
 〇主催:未来の先生フォーラム2022実行委員会
 https://mirai-sensei.info/
 
・[東京+オンライン]令和4年8月3日(水)、4日(木)
 〇会場:外務省(東京都千代田区)+オンライン
 〇対象:小学生及び中学生(必ず保護者と一緒に参加)
 〇申込締切:令和4年7月18日(月)、プログラム毎に定員有
 〇主催:外務省
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/dpr/page24_001827.html
 
・[オンライン]令和4年8月3日(水)14:00~15:15
 【こども霞が関見学デー】JICA地球ひろばでSDGsを学ぼう!
 〇対象:小学5年生から中学3年生
 〇主催:JICA地球ひろば
 https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/220803_01.html
 
・[埼玉]A.令和4年8月3日(水)、
     B.令和4年8月22日(月)*Bは学校の先生限定
 シカづくしの一日 ~知り、食し、作る、そして環境問題を考える~
 〇集合場所:「名郷」バス停(飯能駅または東飯能駅よりバス約50分)
 〇参加費:大人・子どもとも:2,000円/名(材料費・昼食・保険料含)
 〇主催:(一社)大日本猟友会・(公社)日本環境教育フォーラム
 https://www.satoyama-co-lab.com/blank-5
 
・[オンライン]令和4年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
 d-lab2022(第40回開発教育全国研究集会)
 〇対象:教育関係者、NGO関係者、学生、関心のある方
 〇参加費:一般6,000円、会員3,000円、学生2,000円、
      高校生以下1,000円
 〇主催:認定NPO法人 開発教育協会(DEAR)
 http://www.dear.or.jp/event/d-lab2022/9671/ 
 
・[東京+オンライン]令和4年8/6,8/20,8/27,9/3、9/10
 新宿区委託講座「SDGs スクール 2022」
 〇会場:新宿区立新宿消費生活センター分館(東京・高田馬場)
     +オンライン
 〇対象:新宿区内在住・在勤・在学の方30名(区民優先)
     (対面14名、Zoom配信16名)
 〇受託:(一社)新宿ユネスコ協会)
 https://kanto.esdcenter.jp/wp-content/uploads/sites/4/2022/07/Shinjyuku-UNESCO_SDGs-school-2022.pdf
 
・[山梨]令和4年8月7日(日)9:00~16:00
 生物多様性まつり2022
 〇会場:環境省生物多様性センター(山梨県富士吉田市)
 〇申込締切:令和4年7月18日(月・祝)
 〇主催:環境省生物多様性センター
 https://www.biodic.go.jp/event/2022/maturi_2022_k.html
 
・[オンライン]令和4年8月7日(日)、14日(日)、21日(日)
 “Girls Can Change the World” Camp オープンイベント
 〇対象:小学生(中学生以上の見学可能)
 〇定員:第1回200人、第2回300人、第3回100人
 〇申込締切:令和4年7月24日(日)締切厳守
 〇主催:(公社)ガールスカウト日本連盟
 https://www.girlscout.or.jp/contents/wp-content/uploads/2022/06/100thcampOpenFlyer.pdf
 
・[埼玉]令和4年8月の1泊2日(複数日設定あり)
 はじめてのプチサバイバル in 名栗・湯ノ沢ラボ
 〇開催地:湯ノ沢ラボ(埼玉県飯能市上名栗)
 〇対象:小学3~6年生、定員:各回6名
 〇参加費:15,000円/1名(食事4回、保険料を含む)
 〇主催:(一社)里山こらぼ
 https://www.satoyama-co-lab.com/blank-4
 
・[オンライン]令和4年8月10日(水)13:00~16:40
 第31回市民セミナー: スマホ等身近なツールでできる
 環境研究と環境学習
 〇参加費:高校生以下 無料、非会員 3,000円、会員 無料
 〇申込締切:令和4年8月3日(水)
 〇主催:(公財)日本水環境学会
 https://www.jswe.or.jp/event/seminars/pdf/31c_seminar_2.0.pdf
 
・[神奈川]令和4年8月10日(水)13:30~16:30
 【教員向け】気候変動対策講座
 ー気候変動の影響と対策について考えるー
 〇会場:地球市民かながわプラザ(横浜・本郷台)
 〇対象:神奈川県内の小、中、高、中等教育、特別支援学校の教職員
 〇申込期間:令和4年6月1日(水)~7月28日(木)
 〇主催:神奈川県環境科学センター
 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/b4f/tekiou/kouza.html
 
・[オンライン]令和4年8月10日(水) 14:30~16:00
 中高生向けキャリア支援プログラム 『私のコンパス』
 〇対象:中学生・高校生およびその年齢に該当する方
 〇申込締切:令和4年8月4日(木) 定員100名(先着順)
 〇主催:(公財)五井平和財団
 https://www.goipeace.or.jp/news/20220617/
 
・[山梨]令和4年8月20日(土)10:00~15:00(お昼休憩1時間)
 レンジャー入門 昆虫標本作り
 〇会場:清泉寮自然学校(山梨県北杜市)
 〇対象:小学校3年生以上(※中学生以下は保護者同伴)
 〇参加費:中学生以上4,000円、小学生3,000円(税込)
 〇主催:(公財)キープ協会
 https://www.facebook.com/events/446393330824228/?ref=newsfeed
 
・[茨城]令和4年8月20日(土)、令和5年2月4日(土)
 2022年度 SDGsをテーマにした国際理解教育実践セミナー
 〇会場:JICA筑波センター(茨城県つくば市)
 〇対象:学生、教育関係者、NGO関係者
 〇主催:JICA筑波
 https://www.jica.go.jp/tsukuba/event/2022/nq21150000000iv1.html
 
・[東京+オンライン]令和4年8月25日(木)・26日(金)オンライン、
          8月27日(土)・28日(日)対面
 日本環境教育学会 第33回年次大会
 〇テーマ:SDGs時代の気候危機に対峙する環境教育の役割
 〇会場:オンライン+東京農工大学府中キャンパス(東京都府中市)
 〇参加費:会員:5,000円、学生会員:3,000円、非会員:6,000円      
 https://www.jsfee.jp/members/meeting/536-jsfee33_2022tokyo
 
・[オンライン]令和4年8月26日(金)、9月2日(金)
 2022年度NGO等向け基礎から始める国際協力事業研修
 「事業マネジメントコース」
 〇主な対象:NGO関係者、教育関係者、その他
 〇主催:JICA筑波・JICA中国
 https://www.jica.go.jp/tsukuba/event/2022/nq21150000002hx7.html
 
 
■募集等(締切日順)□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
・環境マークプログラム キリンコラボ企画2022夏
 〇募集対象:学童保育、児童館等のクラブ、こどもエコクラブや
       ボーイスカウトやガールスカウト等、小学生が中心
       として継続的に活動する団体
 〇応募締切:令和4年7月10日(日)24時
 〇主催:(一社)地球温暖化防止全国ネット
 https://www.zenkoku-net.org/gakudo/kirin2022
 
・第5回全国高校生社会イノベーション選手権(イノチャン)
 〇「問題分析編」応募期間:令和4年6月1日(水)~7月12日(火)18:00
 〇対象:高校、高専、中等学校(4~6年生)1チーム4~6名
 〇主催・共催:東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻ほか
 http://innochan.x0.com/第5回イノチャン/
 
・「令和の里海づくり」モデル事業の実施団体の募集
 〇対象地域:全国の閉鎖性海域等の沿岸地域
 〇対象主体:地方自治体、協議会、NPO法人・企業・漁業
       協同組合・学校法人・観光協会等の民間団体
 〇提出期限:令和4年7月13日(水)厳守
 〇実施:環境省
 https://www.env.go.jp/press/press_00059.html 
 
・プロ・ナトゥーラ・ファンド助成
 〇応募資格:自然保護に関する調査・研究および活動を
       進める能力のある団体
 〇募集期間:令和4年6月1日(火)~7月14日(木)
 〇主催:(公財)自然保護助成基金
 https://www.pronaturajapan.com/foundation/pronatura_fund.html
 
・「ESD岡山アワード2022」募集
 〇応募資格:国内・国外でESDの事業を実施している団体
 〇賞金:各40万円
 〇締切:令和4年7月15日(金)17:00必着
 〇実施:岡山市市民協働局市民協働部SDGs・ESD推進課
 https://www.city.okayama.jp/kurashi/0000036432.html
 
・第7回 イオン生物多様性みどり賞(国内賞)
 〇募集締切:令和4年7月15日(金)
 〇応募資格:活動地が日本国内であり、 かつ日本国内に
       在住する学校・団体・企業・個人。
       ※複数の学校・団体による共同の取り組みも対象
 〇主催:(公財)イオン環境財団
 https://www.aeon.info/ef/prize/award/
 
・「野菜を食べようプロジェクト」ポスターの募集
 〇対象:どなたでもご応募いただけます。
 〇募集期間:令和4年5月18日(水)~7月18日(月)
 〇主催:農林水産省
 https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/ryutu/220518.html
 
・東京ネイチャーアカデミー2022
 〇日時:令和4年9月~令和5年6月
 〇会場:西日暮里日能研ビル(東京都荒川区)他、オンライン
 〇対象:20代~70代の方で応募要件を満たす方、定員:25名程度
 〇募集締切:先着順で定員に達し次第、又は令和4年7月20日(水)迄。
 〇主催:(公財)日本環境教育フォーラム
 https://www.jeef.or.jp/activities/tna/
 
・国際平和映像祭(UFPFF) 2022 エントリー
 〇テーマ:平和やSDGsをテーマの5分以内の映像作品
 〇締切:令和4年7月21日(木)
 〇対象:世界中のすべての学生
 〇主催:(一社)国際平和映像祭
 https://www.ufpff.com/entry
 
・【募集】 第22回日経エデュケーションチャレンジfor SDGs
 〇日時:会場受講:令和4年8月3日(水)、オンライン受講:
     令和4年8月22日(月)~10月24日(月)
 〇対象:全国の高校生、会場受講:80名(応募者多数の
     場合は抽選)
 〇申込締切:令和4年7月24日(日)
 〇主催:日本経済新聞社
 https://adnet.nikkei.co.jp/a/edu/
 
・小・中学生「2050年、社会はこうなってほしい。
 炭素ゼロ社会をつくる」アイデア募集
 〇主催:日本環境教育学会
 〇締切:令和4年7月25日(月)必着
 優秀な内容には、8月27日学会に招待し、発表と対話を実施
 https://miraye.jp/jsfee/
 
・「新潟県SDGs推進建設企業登録制度」の第2回募集
 〇対象:新潟県内に主たる営業所を有する建設業者・建設
     関連業者、主として建設資材を製造している製造業者
 〇募集期間:令和4年5月2日(月)~7月29日(金)
 〇主催:新潟県
 https://www.pref.niigata.lg.jp/site/dobokukanri/sdgs-kensetsu.html
 
・チャレンジアワード東学
 「SDGsに関連した活動や取り組み」を募集。
 〇対象:小・中学生の部、高・大学生の部、1チーム3名以上で
     成果発表会(9/23)に参加可能な方
 〇締切:令和4年7月29日(金)15:00
 〇主催:東海学園大学(ともいきSDGsシンポジウム実行委員会)
 https://www.tokaigakuen-u.ac.jp/pickup/sdgs_symposium/
 
・「公益信託 大成建設自然・歴史環境基金」2022年度助成金
 〇対象:国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全
     活用にかかわる活動や研究。
 〇応募締切:令和4年7月29日(金)事務局必着
 〇実施者:公益信託 大成建設自然・歴史環境基金
 https://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/html/gist.html
 
・【参加校募集】2022年度寺子屋リーフレット制作プロジェクト
 〇対象:小学校・中学校・高等学校(参加単位は、学校・
  学年・学級・部活・委員会など不問)
 〇申込期間:令和4年6月1日(水)~7月29日(金)
 〇主催:(公財)日本ユネスコ協会連盟
 https://www.unesco-school.mext.go.jp/call-for/public-offering-2022-terakoya-refret-production-project%e3%80%80/
 
・エコマークアワード2022
 〇応募資格:「消費者の環境を意識した商品選択、企業の
       環境改善努力による、持続可能な社会の形成」
       に向けて積極的に取り組む企業・団体等
 〇募集期間:令和4年6月1日(水)~7月31日(日)
 〇主催:(公財)日本環境協会
 https://www.ecomark.jp/award/2022/
 
・タラ号ポスターコンクール2022
 テーマ:「海をより知り、海を守る」につながること
 〇募集期間:令和4年6月8日(水)~7月31日(日)23:59
 〇応募資格:小学1年生から中学3年生。
 〇主催:(一社)タラオセアンジャパン
 https://www.agnesb.co.jp/news/2206_ocean/
 
・ユネスコスクール活動に関する活動実践および学習指導案等
 ユネスコスクールおよびキャンディデート校の実践や取組、
 学習指導案を集めたページを公式ウェブサイト上に作成する
 ために、資料を募集。
 〇応募締切:令和4年7月31日(日)
 〇主催:ユネスコスクール事務局
  
https://www.unesco-school.mext.go.jp/call-for/activities-related-to-the-unesco-associated-school-activities-and-practices-on-the-study-of-the-unesco-associated-schools/
 
・高校向け 探究・進路の出張授業
 探究の必修化や入試の多様化への対応を高大連携でサポート
 1万人以上が参加した探究・進路のプログラム「ディスカバ!」
 を全国の高校へ出張授業。(先着順20校)
 〇内容:2022年度に全国の高校またはオンライン開催
 〇参加費:無料(※遠方出張の場合は別途旅費が必要な場合あり)
 〇募集締切:令和4年7月31日(日)
 〇主催:桜美林大学
 https://discova.jp/program/forschool/
 
・「プロジェクト未来遺産2022」募集
 〇募集期間:令和4年5月19日(木)~8月8日(月)※必着
 〇対象:文化・自然を守り継承する市民主体のプロジェクト
 〇主催:(公財)日本ユネスコ協会連盟
 https://www.unesco.or.jp/activitiesitem/futureheritageitem/14455/
 
・令和4年度「食品ロス削減推進表彰」募集
 〇対象:食品ロスの削減の推進に資する取組を実施している
     者であって、地域力の向上、消費者の行動変容の
     促進等に効果的かつ波及効果が期待できる優良な
     取組を実施した者。
 〇締切:令和4年8月12日(金)23時59分
 〇連絡先:環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室
 https://www.env.go.jp/press/press_00085.html
 
・第18期ナショナル・トラスト活動助成
 〇応募資格:自然環境の保全等を目的として、1年以内に、
       地権者との交渉の開始やトラスト地の取得を
       目指しているトラスト団体。トラスト団体を
       これから立ち上げようとしている個人。
 〇募集締切:令和4年8月19日(金)消印有効
 〇主催:(公財)自然保護助成基金、(公財)日本ナショナル・
     トラスト協会
 http://www.ntrust.or.jp/gaiyo/joseikin.html
 
・第3回グリーンインフラ大賞 募集
 〇応募資格:グリーンインフラ官民連携プラットフォームの会員
 〇応募区分:防災・減災、生活空間、都市空間、生態系保全部門
 〇募集期間:令和4年6月13日(月)~8月23日(火)17:00必着
 〇主催:国土交通省
 https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo10_hh_000269.html
 
・ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード 募集
 〇応募資格:農林水産業・地域の活力創造につながる取組
       を行っている団体及び個人
 〇募集期間:令和4年6月16日(木)~8月26日(金)
 〇主催:農林水産省
 https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/220616.html
 
・2022年度持続可能な社会づくり活動表彰
 〇応募締切:令和4年8月31日(水)必着
 〇対象:持続可能な社会づくりに資する活動を行う企業・団体
 〇主催:(公社)環境生活文化機構
 https://www.elco.or.jp/publics/index/29/
 
・ピースパル国際アートコンテスト
 〇募集期間:令和4年8月31日(水)当日消印有効
 〇応募部門:5-7歳、8-10歳、11-13歳、14-16歳
 〇主催:(公財)五井平和財団
 https://worldpeace-jp.org/news/#entry1785
 
・2022年度 第七回賀川豊彦賞
 〇対象:本賞の趣旨に沿う3年以上の活動実績をもつ団体
     もしくは個人
 〇募集期間:令和4年4月1日(金)~8月31日(水)
 〇主催:(公財)賀川事業団雲柱社
 https://www.t-kagawa.or.jp/kagawa-award
 
・第23回 ヤマト福祉財団小倉昌男賞 推薦募集
 〇対象:障がい者に働く喜びと生きがいをもたらしている人
 〇募集方法:他薦
 〇募集期間:令和4年6月1日(水)~8月31日(水)
 〇主催:(公財)ヤマト福祉財団
 https://www.yamato-fukushi.jp/works/award-recruit.html
 
・第13回 花王国際こども環境絵画コンテスト
 〇応募締切:令和4年9月6日(火)必着
 〇対象:6歳から15歳のお子さま ※令和4年8月末日時点での年齢
 〇主催:花王グループ
 https://www.kao.com/jp/corporate/news/sustainability/2022/20220427-002/
 
・令和4年度3R促進ポスターコンクール
 〇締切:令和4年9月9日(金)当日消印有効
 〇応募部門:小学生低学年の部、小学生中学年の部、
       小学生高学年の部、中学生の部
 〇主催:3R活動推進フォーラム
 http://3r-forum.jp/activity/poster/index.html
 
・JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2022
 テーマ:世界とつながる私たち~未来のための小さな一歩~
 〇応募締切:令和4年9月11日(日)当日消印有効
 〇応募部門:中学生の部、高校生の部
 〇主催:国立行政法人国際協力機構(JICA)
 https://www.jica.go.jp/hiroba/program/apply/essay/collect/index.html
 
・第47回「みどりの絵コンクール」作品募集
 〇締切:令和4年9月13日(火)当日消印有効
 〇対象:「みどりの絵」部門:4才児以上、小学6年生以下
 「わたしが守りたい身近な自然」部門:小1~6年生以下
 〇共催:三菱UFJ環境財団、日本ユネスコ協会連盟
 https://www.unesco.or.jp/eventitem/14577/
 
・海のお掃除プラント&ロボット夢コンテスト2022
 〇募集期間:令和4年6月1日(水)~9月19日(月・祝)
 〇応募部門:ジュニア部門(小~中学生)、学生~一般部門
       (高校、専門学校、高等専門学校以上~)
 〇主催:海のお掃除プラント&ロボット夢コンテスト実行委員会
 https://sea-cleaning-robo.com/
 
・「第10回グッドライフアワード」募集
 社会をよくするSDGsを体現する取組を「環境大臣賞」として
 幅広く表彰。企業、学校、NPO、自治体、地域コミュニティ、
 個人など、どなたでもエントリー可能。
 〇応募期間:令和4年6月10日(金)~9月20日(火)
 〇主催:環境省
 https://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/index.html
 
・第3回 GBJ学生オピニオン・チャレンジ2022
 〇テーマ:未来VISION~あなたの2032年を描く~
      「環境×くらし×未来 」
 〇募集部門:高校(高専1~3)、大学等
 〇締切:令4年9月20日(土)24時までに事務局で受信
 〇主催:(一社)グリーンビルディングジャパン
 https://www.gbj.or.jp/report2022/
 
・令和4年度第56回全国野生生物保護活動発表大会 参加校
 〇応募資格:小学校、中学校及び高等学校(学校内にある
       クラブ・委員会等も含む)。
 〇募集期間:令和4年7月1日(金)~9月22日(木)
 〇主催:環境省
 https://www.env.go.jp/press/111184.html
 
・第39回わたしの自然観察路コンクール
 〇募集期間:令和4年6月1日(水)~9月30日(金)
 〇対象:全国の小・中・高校生(個人部門と団体部門)
 〇主催:(公社)日本環境教育フォーラム
 http://kansatsuro.jeef.or.jp/wp-content/uploads/2022/05/kansatsuroleaflet.pdf
 
・モニタリングサイト1000里地調査 次期一般サイト募集
 〇対象:応募資格を満たすグループまたは個人
 〇募集期限:令和4年7月~9月末
 〇主催:環境省
 https://www.nacsj.or.jp/official/wp-content/uploads/2022/02/moni1000_5bosyuyoukou_R1.pdf
 
・第15回「キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等
 文部科学大臣表彰」
 〇募集締切:令和4年7月1日(金)~9月30日(金)
 〇対象:キャリア教育の充実に顕著な功績が認められる
     教育委員会、学校、PTA団体等
 〇主催:文部科学省
 https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/detail/mext_00006.html
 
・「地球となかよし」メッセージ
 〇応募資格:小学生、中学生。数名のグループ単位での応募も可。
 〇応募期間:令和4年7月1日(金)~9月30日(金)
 〇作品の形式:写真または絵、作文
 〇主催:教育出版(株)
 https://www.kyoiku-shuppan.co.jp/nakayoshi/cate1/index.html
 
・第14回 環境教育ポスターコンクール
 〇募集期間:令和4年8月23日(火)~9月30日(金)
 〇対象:小学生・中学生・高校生、海外
 〇主催:(公財)こども教育支援財団
 https://kodomo-zaidan.net/news/2022/2674
 
・第11回「キャリア教育推進連携表彰」
 〇募集締切:令和4年7月1日(金)~10月14日(金)
 〇対象:学校を中心としたキャリア教育の推進のために、
     教育関係者と、行政(首長部局等)や地域・社会
     (NPO法人やPTA団体等)、産業界(経済団体や
     企業等)が連携・協働して行っている取組
 〇主催:文部科学省
 https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/detail/mext_00006.html
 
・チャレンジSDGs2022
 学校や家庭でチャレンジしてみよう!
 〇ミッション:100の行動で地球を救え
 〇チャレンジ期間 : 令和4年3月10日(木)~10月31日(月)
 〇主催:(一社)きりゅう市民活動推進ネットワーク
 https://kanto.esdcenter.jp/challenge-sdgs2022_kiryu-yui/
 
・生きものの名前がわからないときは「いきものログ」の
 『種名調べ支援』!~今年もはじまりました~
 〇実施期間:令和4年4月29日(金)~10月31日(月)
 〇使用料:無料、※依頼は期間中1人20回まで
 〇主催:環境省自然環境局 生物多様性センター
 https://ikilog.biodic.go.jp/
 
・日本の国立公園フォトコンテスト2022
 応募テーマ:“物語に出会う。日本の国立公園”
 〇応募期間:令和4年6月30日(木)~11月22日(火)23:59
 〇主催:環境省
 https://nationalparks.tokyocameraclub.com/contest2022/
 
・2022年度「教育プログラム」参加校募集
 万博とSDGsについて理解を深める「教育プログラム」
 〇募集対象:全都道府県の小学校(5年生・6年生)、中学校(全学年)
 〇募集期間:令和4年6月15日(水)~12月27日(火)
 〇主催:(公社)2025年日本国際博覧会協会
 https://www.expo2025.or.jp/news/news-20220615-01/
 
・第6回リカジョ育成賞
 〇募集内容:女子小中高生を対象に実施した、理系分野に
  おける興味・関心の向上や能力の育成を目的とした活動
 〇応募資格:個人または団体
 〇募集期間:令和4年6月1日(水)~令和5年1月9日(月・祝)
 〇主催:(公財)日産財団
 https://www.nissan-zaidan.or.jp/oitline-rika/
  
 
■ニュース(新着順)□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
・ポッドキャスト番組「ラジオ・ユニセフ」を始めました
 日本ユニセフ協会が、東京のユニセフハウスから、ユニセ
 フ(国連児童基金)にまつわるお話をお届けします。
 Spotify、Apple Podcasts、Google Podcastsでお聴きいた
 だけます。
 https://www.unicef.or.jp/podcasting/
 
・【SDGsに関する政党アンケート結果】各政党結果公開
 SDGs市民社会ネットワークは、2022年7月10日に行われる
 第26回参議院議員選挙に向けて、主要政党に対しSDGs政策
 に関するアンケートを実施し、その結果を公表しています。
 https://www.sdgs-japan.net/single-post/0623sangiinsen
 
・関東地方ESD活動支援センター「活動レポート2021-22」
 公開しました。
 https://kanto.esdcenter.jp/role/
 
・第26回参議院議員選挙に向けて政党アンケートの結果
 ESD-J(特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育
 推進会議)は、2022年6月17日に各党政策担当者に向けて
 「持続可能な社会づくりとそのための人づくり(ESD)に
 関する公開質問状」を送付し、世界が取り組むべきSDGsと
 そのために必要とされる「人材育成(ESD)」の推進に対
 する各政党の姿勢を伺うアンケートを実施致しました。
 https://www.esd-j.org/news/11337
 
・「共に学び、地域をつくる ~実践者が描く協働の姿」
 「学びと協働による持続可能な地域づくり」発行
 (公財)ユネスコ・アジア文化センターは、2019年より
 「持続可能な地域づくりを推進する学びの共同体構築支援
 事業」を実施。最終年度の2021年度は、学びの共同体を上
 手く機能させるためのプロセスや手法を、地域づくりに取
 り組む実践者の協力により冊子にまとめた。
 https://www.accu.or.jp/news/20220616/
 
・7月(1日~31日)は海岸愛護月間です
 国土交通省では、海岸愛護思想や防災意識の普及と啓発を
 図ることを目的に、昭和47年度より毎年7月を『海岸愛護
 月間』としています。今年度も、地域の住民や団体などが
 主体となり、海岸の持つ役割について国民の理解と関心を
 深めてもらうため、全国で約450の海岸愛護活動が展開さ
 れます。
 https://www.mlit.go.jp/report/press/sabo02_hh_000127.html
 
・「令和4年版国土交通白書」を公表
 国土交通白書は、国土交通省の施策全般に関する年次報告
 として毎年公表しています。今回の白書では、我が国に
 おいて、世界的な社会課題である気候変動への対応が求め
 られていることから、「気候変動とわたしたちの暮らし」
 をテーマとして取り上げました。
 https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo01_hh_000045.html
 
・「1.5℃の約束 – いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。」
 6月17日に、国連広報センターは「SDGメディア・コンパク
 ト」に加盟する日本のメディア有志108社とともに、メディ
 アの力を通じて気候変動対策のアクションを呼び掛ける
 キャンペーン「1.5℃の約束 – いますぐ動こう、気温上昇
 を止めるために。」を立ち上げました。
 https://www.unic.or.jp/news_press/info/44283/
 
・気候変動適応計画の令和2年度施策フォローアップ報告書
 環境省は、6月10日に開催した「気候変動適応推進会議
 (第6回)」において、「気候変動 適応計画」(平成30 年
 11月27日閣議決定)に関して令和2年度に実施した施策の
 フォローアップを行い、「気候変動適応計画の令和2年度
 施策フォローアップ報告書」として取りまとめました。
 https://www.env.go.jp/press/111169.html
 
・「TCFD提言に基づく気候関連リスクの情報開示の手引書
 (実践編)」の公表
 農林水産省は、食品事業者を対象とした気候関連情報の
 開示に関する実践的な手引書「食料・農林水産業の気候
 関連リスク・機会に関する情報開示(実践編)」を作成
 しました。ESG投資の引き込みや環境配慮経営の推進に
 活用いただきたいと考えています。
 https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/b_kankyo/220603.html
 
・今こそ知りたい!日本のエネルギー事情―「エネルギー
 白書2022」
 経済産業省は、エネルギーの需給に関しておこなった施策
 について、国会に年次報告(「エネルギー白書」)を提出
 しています。最新の「エネルギー白書2022」が6月7日に
 公開されました。
 https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/energyhakusho2022.html
 
・最新版公開! 地域経済循環分析自動作成ツール
 環境省は、地域経済循環分析自動作成ツール・地域経済波
 及効果分析ツールの最新版である2018年版を公開しました。
 https://ondankataisaku.env.go.jp/carbon_neutral/topics/20220602-topic-25.html
 
・「持続可能な開発レポート2022」発表
 「持続可能な開発レポート」は、国連の「SDGsグローバル
 指標」や各国の自主的な進捗評価を補完する目的で、持続
 可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とドイ
 ツのベルテルスマン財団が毎年発表しています。6月2日に
 2022年版が発表されました。
 https://www.sdgs-japan.net/single-post/sustainable-development-report2022
 
・日本の食品ロスの発生量の推計値(令和2年度)の公表
 令和2年度の食品ロス約522万トンと推計されました。食品
 ロスの削減は資源循環と炭素中立型の経済社会を形成する
 上で重要な課題です。環境省では、食品ロスに関する情報
 を集約した「食品ロスポータルサイト」を作成・更新して
 います。
 https://www.env.go.jp/press/111157.html
 
・ストックホルム+50の結果について
 1972年に開催された国連人間環境会議の50周年を記念し、
 2022年6月2日(木)及び3日(金)にスウェーデン・ストッ
 クホルムで開催された、「ストックホルム+50」の結果を、
 環境省がお知らせしています。
 https://www.env.go.jp/press/111159.html
 
・令和4年度「環境白書を読む会」の開催
 環境省は地方環境事務所等と共同で「環境白書を読む会」
 を開催します。この会では、令和4年版環境白書・循環型
 社会白書・生物多様性白書(令和4年6月7日閣議決定)に
 ついて、テーマや狙い等を環境省の担当者が解説します。
 https://www.env.go.jp/press/111156.html
 
・令和4年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書の公表
 令和4年6月7日(火)に閣議決定され、公表されました。
 テーマは「グリーン社会の実現に向けて変える私たちの地
 域とライフスタイル ~私たちの変革から起こす脱炭素
 ドミノ~」です。
 https://www.env.go.jp/press/111155.html
 
・WHO世界ノータバコデーの文言を和訳
 (一社)日本禁煙学会では、「世界禁煙デー」(5月31日)
 及び「禁煙週間」(5月31日~6月6日)に際し、WHOが発表
 した世界ノータバコデーの文言を和訳。キー・メッセージと
 して、「タバコは環境破壊をもたらす」などを掲げている。
 http://www.jstc.or.jp/modules/information/index.php?content_id=339
 
・児童生徒への性暴力等の防止に向けた啓発動画を制作・公表
 本年4月、「教育職員等による児童生徒性暴力等の防止等に
 関する法律」(令和3年法律第57号)が施行されました。
 この法律を受け、文部科学省は、児童生徒への性暴力等の
 防止等に関する理解を深めるための啓発動画を3点制作し
 公表しました。
 https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_01036.html
 
―――――――――――――――――――――――――――
【4】編集後記
本日からプロジェクトメンバーの募集を開始しました、ESD
for 2030学び合いプロジェクト(関東)~「気候変動による
影響と対策に関する、学びと実践」ですが、1回目の学校で
のプログラムを実施しました。企画を考えるのに、色々とリ
サーチしましたが、縄文海進による影響が様々なところにあり、
知的好奇心が大いに刺激されました。ブラタモリが好きな人
には、とてもハマる内容だと思いますので、気候変動や防災
だけでなく、地理や歴史にご興味のある方も、是非ご参加く
ださい!(スタッフ:伊藤)
 
―――――――――――――――――――――――――――
関東ESDセンターでは、ホームページやメールマガジンを通
じて、ESD、環境教育に関するイベント、セミナー、補助金・
助成金募集などの情報を発信しています。
情報掲載を希望される方は、詳細がわかる情報をメールで、
kanto☆kanto-esdcenter.jp(☆を@に変えて送信してください)
お送りください。
尚、掲載にあたっては関東ESDセンターの基準、掲載スペース
の制限により、必ずしも全ての情報を掲載することができな
いことをご了承ください。
―――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは、関東地方ESD活動支援センター、関東
地方環境パートナーシップオフィス(関東EPO)スタッフと
名刺交換させていただいた方、および、配信を希望された方
にお送りしています。配信を希望されない方は、お手数です
が下記より配信停止手続きをお願いします。
 
【配信のお申込・中止】

メールマガジン


 
【次号配信予定日】
令和4年8月4日(木) 原則として毎月第一木曜発行
―――――――――――――――――――――――――――
発行:
◆関東地方ESD活動支援センター(関東ESDセンター)
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
T E L :03-6427-7975  F A X :03-6427-7976
U R L :http://kanto.esdcenter.jp/
E-mail:kanto★kanto-esdcenter.jp
(★を@に変えて送信してください)
―――――――――――――――――――――――――――
(C) 2017~ 関東地方ESD活動支援センター

ホーム > センター事業  > [関東ESDニュース] Vol.66(令和4年7月号)
ホーム > センター事業  > [関東ESDニュース] Vol.66(令和4年7月号)