ホーム > SDGs関連 イベント紹介 センター事業 ユース向け  > <一般参加者募集> 令和3年度 SDGs文化祭

ホーム > SDGs関連 イベント紹介 センター事業 ユース向け  > <一般参加者募集> 令和3年度 SDGs文化祭

2021.10.02 SDGs関連 イベント紹介 センター事業 ユース向け 

<一般参加者募集> 令和3年度 SDGs文化祭

ユースが考える「SDGs課題解決に向けた取り組み」についての対話の場!

今回で3年目となる、この「SDGs文化祭」は、SDGsに興味があっても周囲に仲間がいない生徒や、関心があっても学ぶ機会が与えられていない生徒が集い、SDGsについて学び・実践した活動を発表する取り組みです。
将来の社会を担っていく若者にとって、持続可能な未来は、まさに自分事です。そうした彼・彼女たちは、将来についてどのような課題あると考えているのか、またそれをどのような方法で解決しようと考えているのか。これまで半年の活動を通じ、それぞれにSDGsの課題解決につながる取り組みを考えてきました。この文化祭では、彼らが考え実践する、様々なSDGs への解決アプローチを、広く世の中に問うものです。今の高校生は、SDGsの目標年である2030年には社会人となり、さらにその先の50年後の未来の当事者でもあります。まさに「自分ごと」としてSDGsを考える、彼・彼女らとともに、どのようにSDGsに取り組んでいけば良いのか、ご一緒に考えてみませんか。
社会人の方、同世代のユース、親子など、SDGsにご関心のある皆さんのご参加を頂き、中高生との対話を通じて、一緒に未来の扉を開いていきましょう。
 

【SDGs文化祭 実施概要】

日時 令和3年10月31(日)13:00~16:30
実施方法 オンライン(zoom)→要お申込<10/29(金)正午締切>
※お申込み頂いた方に、zoomの視聴URLをお送りします
主催 SDGs文化祭実行委員会、(一社)ESD TOKYO、(一社)環境パートナーシップ会議
後援 東京大学EMPOWER Project、‎
対象 SDGs、ESD等に関心のある、学生・生徒、企業、行政、NPO等どなたでもご参加いただけます
内容 関東を中心とした各地から集まった、SDGsに関心を持つ中学生・高校生たちが集い、SDGs課題をどのように解決していくのかを考え、アクションを行っているものを発表。SDGs文化祭に来場された方とのディスカッションを通じ、自分たちの考えをさらに深めていく取り組みです。
参加費 無料(登録制・オンライン)
本ホームページよりお申込みください。お申込み頂いた方に、後日zoomの参加方法をお送りします。


 

【SDGs文化祭 プログラム】

※予定

12:55 オンライン入室開始
13:00 オープニング・セレモニー
開催趣旨の紹介や、各チームの説明を行います
13:15 チーム発表(プレゼンテーション)&ディスカッション
16:00 クロージング
16:30 終了

 
 

【SDGs文化祭 各チームの発表内容】

令和3年10月7日現在、順不同
当日は、発表テーマ毎にオンラインの会議室を設け、中高生からのプロジェクトの発表を受け、ディスカッションを行います。zoomを利用したオンライン形式になりますので、スマホ、タブレット、パソコンからご参加ください。

10代とジェンダー教育

はじめに、私がこのテーマに取り組もうと思ったきっかけ等の説明をします。
次に、インスタグラムでの発信、教材開発の構想に関して発表します。
終わりに、この活動を継続する上でのゴールを述べます。
 

文房具とランドセルで社会をつなごう

文房具とランドセルのリサイクルについて調べたことをまとめ、ポスターのようなものを作り、図書館や公民館などの掲示板に掲示を行う予定です。私たちにとって身近な文房具とランドセルですが、それらはいつかは使わなくなってしまいます。そんな文房具とランドセルのリサイクルについて掘り下げたいと思います。
 

貧困について

・貧困の現状
・何故貧困が無くならないのか
・自分がやっていること、やろうと思っていること
 

【環境を守ろう】知ることから始めるマイクロプラスチック‼

「マイクロプラスチック」に興味を持ち、浜辺や川で実験をしました。マイクロプラスチックはどこからきたの?私たちの知らないを知るに変えることで、きっとこの状況を変えることができるはずだと考えます。
 

食育を通してSDGsを広めよう

食育を通してどのようにSDGsを広めていくのか私なりに考えたこと。
 

企業とsdgsについて語ろう-やわらかい頭で【国境を超えた仕事の共存】を考える-

少子高齢化問題を抱えている日本。私達は近い将来労働力不足に悩まされるだろう。その解決策として政府も進めている外国人労働者雇用。生まれも育ちも違う彼らと共存しよりよい未来創るために私達は何をすべきだろうか。
 

ファッションの視点からジェンダー平等を目指す

個人的に興味にあるファッションと絡めてSDGsの5番、ジェンダー平等について考えました。スカートもズボンもそもそもは筒状の布だ、という考えから、スカート=女性の服という認識の現代社会に疑問を投げかけます。
 

学生から始める食品ロスのない世界

・食品ロス削減のために、学生をターゲットとした学生団体の立ち上げ、SNSでの情報発信
・農家さんにお手伝いをした対価として、規格外商品をもらい寄付をするシステムの形成
・最終的には、中高生から、フードドライブを募り、貧困に苦しむ中高生に向けて提供する施設を作ることを目指す。
・施設では、イベント実施、その施設に来づらい人に向けて発送して支援するなどの工夫も重ねる。
 

What do you know about the SDGs?

みなさん、SDGsとは何か知っていますか?名前だけ知っているけど、内容は知らない・・・そんな人が多いと思います。みなさんにSDGsのことを知ってもらうため、私たちは、パンフレットや、SNS(Instagram)を使って、発信していく予定です。
 

FAIRTRADE SCHOOL

私たちは、フェアトレードを様々な人に知ってもらおうと活動しています。私たちのグループ名「FAIRTRADE SCHOOL」には、私たちが学生であるという事を活かしつつ、若者だけでなく私たちも含めたみんなでフェアトレードについて学んでいこうという意味が込められています。私たちが今までに行ってきた活動としては、Instagramの投稿と実際にフェアトレード商品を取り扱っている事業者の方への問い合わせの二つです。Instagramの投稿に関しては、インプットとアウトプット、様々な面からフェアトレードについての配信を行っています。フェアトレード商品の紹介、フェアトレードについてのおすすめの本、フェアトレード大学とは、や過去に参加したフェアトレードのイベントのレビューなどの投稿を行いました。企業との問い合わせに関しては、多少苦戦しましたが、事業者の方にお話を伺うことができました。
 
 
 

【令和3年度SDGs文化祭:これまでの取り組み】

キックオフミーティング 7/18(日)
14:00-16:30
オンライン 問題意識や興味がある分野の共有を行います
2nd session 7/27(火)
15:30-17:00
オンライン 各自で考えたアイデアを、社内でSDGsやCSRを担当する企業人に話して、アドバイスや感想を聞き、アイデアをブラッシュアップします。
3rd session *8/25(水)
10:00-12:30
オンライン チーム分けを行い、今後取り組んでいくSDGsプロジェクトを固めていきます。
中間発表 9月26(日)
14:00-16:30
オンライン 発表本番に向けてチームごとに途中経過を発表し、本番に備えます。
SDGs文化祭 10月31(日)
13:00-16:30
オンライン チームで取り組んだ成果を、様々な立場の人に発表し、対話・交流します。

 

【本企画の特徴】

中高生を対象としたSDGsの企画は多くありますが、本企画の特徴は以下の3つあります。
①中高生による横の繋がりづくり
近年、SDGsに取り組む学校は増えていますが、まだ限られています。そのため、SDGsに取り組みたい意志はあっても、そのような環境にない生徒が多く存在している。学校の枠を越えて企画立案・運営することで、意志を持った生徒を結び付け、日本におけるSDGsの推進を加速させていきたい。
②中高生と大学生の縦の繋がりの強化
中高生と大学生がSDGsの推進に一緒に取り組むことによって、学校種を越えた新しい教育のデザインを示します。若い力のアイデアを具体化するためには、年齢を越えた協働の学びがとても大切です。
③生徒主体の発信
あくまでも生徒を主体とし、大人は場を提供するだけ、というスタンスを取っています。そのため、いわゆる賞は設けず、あくまでも取り組んだことを評価します。文化祭のように、それぞれが自分の興味の下に、様々な実践と発表を行っていきます。

 

【関係者紹介】

■コーディネーター
〇桐蔭学園トランジションセンター専任講師:松井晋作氏
高校教員を10年間務めたのち、多摩大学を経て現職。目黒区・多摩市などで教育コーディネーターに従事する中で、関東地方ESD活動支援センターのユース応援企画のコーディネートを行う。研究分野は、ESD・SDGs・インクルーシブ教育・学校と仕事・社会をつなぐトランジション。
〇文化祭企画委員:佐藤駿介氏(私立学校教諭)
大学で政治学を学び、一般企業に勤務。その後、大学院を卒業し、私立高校の教員となる。
「実践に伴う知識の獲得」を掲げ、現在はESD/SDGs学習推進担当として活動している。
 
■協力団体
東京大学EMPOWER Project

東京大学の学生が中心となって、「誰一人取り残さない世界」を実現するための新プロジェクトを立ち上げました。私たちは、「協力が必要な時は、お声を!」の気持ちを表すマークである「マゼンタ・スター」を広めていくことで、困った時、協力してくれる人をみつけやすく、誰もが誰かのためになれる世界をつくることを目指しています。
 

【お申込・お問合せ】

 

参加登録フォーム

 
【お問い合わせ先】
・SDGs文化祭について

SDGs文化祭実行委員会
担当:佐藤駿介(私立高等学校教諭)
メールアドレス:sdgs.school.festival★gmail.com (★を@に替えてお送りください)
 
・申込等
関東地方ESD活動支援センター 担当:伊藤、新木、島田
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
TEL:03-6427-7975   FAX:03-6427-7976
kanto★kanto-esdcenter.jp (★を@に替えてお送りください)
http://kanto.esdcenter.jp
 
 
リンク
令和2年度 SDGs文化祭
令和元年度 SDGs文化祭

ホーム > SDGs関連 イベント紹介 センター事業 ユース向け  > <一般参加者募集> 令和3年度 SDGs文化祭
ホーム > SDGs関連 イベント紹介 センター事業 ユース向け  > <一般参加者募集> 令和3年度 SDGs文化祭